知っ得?納得!!メタボリックシンドロームメタボリックシンドロームって、なに?

ウエスト径+2=メタボリックシンドローム?!
これまで、日本人にあったメタボリックシンドロームの診断基準はなく、海外で定められた診断基準を参考に診断を行ってきました。
日本内科学会など8学会の委員で構成されたメタボリックシンドローム診断基準検討委員会(委員長/松澤佑次先生)は、2005年4月に開催された第102回日本内科学会総会において、かねてより待望されていた日本独自の「メタボリックシンドロームの定義と診断基準」を発表しました。
これは、メタボリックシンドロームを構成する因子の中でも、内臓脂肪の蓄積が重要な役割を担っていることを明確にしており、この点が従来用いられてきた診断基準とまったく異なるところです。
この考えは徐々に世界的に広がってきており、内臓脂肪を必須項目とした診断基準が各国で整いつつあります。
「ウエスト径+2」でメタボリックシンドローム
今回のメタボリックシンドロームの診断基準では、内臓脂肪の蓄積が必須条件と位置づけられ、他の3つの項目のうち2つ以上を満たしている場合に「メタボリックシンドローム」と診断します。
具体的には、内臓脂肪の蓄積はウエスト径で判定し、男性85cm以上、女性90cm以上を基準値としています。この数字は、腹部CT画像で精密に内臓脂肪を測定した場合、断面積100cm²に相当します。その他の項目の基準値は、表のとおりです。

NEW!
メタボリックシンドローム・チェック
で簡単に判定できます。
ウエスト径の正しい測り方
おへその高さで測りましょう!
正しい測り方はへそまわりを測ることです。腰の一番細いところではないので、気をつけてください。
メタボリックシンドロームの診断基準 あなたの数値
必須 ウエスト周囲径(へそまわり)
    cm
+
トリグリセライド
    mg/dL
HDLコレステロール
    mg/dL
収縮期(最大)血圧
    mmHg
拡張期(最小)血圧
    mmHg
空腹時血糖
    mg/dL

チェックの数 合計

メタボリックシンドローム・チェック 質問に答えていくと、メタボリックシンドロームかどうか判定できます。
Let's click!
※このチェックツールは簡易に判定するものです。正しい診断は医師の診察を受けてください。

※ご覧いただくにはFLASH PLAYERが必要です。必要な方は右のバナーリンクから入手してください。 FRASH PLAYER

世界に先駆けて日本だけ!
日本では2001年より、定期健康診断で血圧肥満血糖血中脂質の4項目すべてに異常が見られる、いわゆる「死の四重奏」の人に対し、二次健診や特定保健指導を受けた際の費用について、労災保険が給付されることが決められています(「労災保険で認められた!!」参照)。これは世界で初めての制度で、日本が世界に先駆けて生活習慣病予防対策を社会的に取り組んでいるといえるでしょう。 このような取り組みは、今後、世界で広まっていくに違いありません。
前のページへ 次のページへ このページのTOPへ戻る

メタボリックシンドローム、ってなに?メタボリックシンドロームにならないためにメタボリックシンドロームを改善するためにTOPへ戻る

© Kaken Pharmaceutical Co.,Ltd. All Rights Reserved.