知っ得?納得!!メタボリックシンドロームメタボリックシンドロームって、なに?

動脈硬化の鍵・アディポネクチン
最近の研究により、『メタボリックシンドローム』と密接に関連しているタンパク質「アディポネクチン」が発見されました。この「アディポネクチン」はなんと、脂肪細胞自身が分泌している善玉のアディポサイトカインだったのです。不思議な生い立ちのアディポネクチンについて紹介します。
脂肪細胞から分泌されるナゾの物質
大阪大学分子制御内科学教室で脂肪細胞について研究を行っていたところ、脂肪細胞で分泌されている未知の物質を発見しました。この物質は「アディポネクチン」と名付けられ(アディポとは“脂肪”という意味です)、標準的な体格の人の血液中には多く存在し、内臓脂肪が増加すると、反対にアディポネクチンは減少することが明らかになりました。
体の消防隊「アディポネクチン」
アディポネクチンは体の中で、どのような働きをしているのでしょうか。
どんな人でも、普段からタバコや血圧、血糖値の上昇、血中脂質、悪玉のアディポサイトカインなどによって血管が少しずつ傷つけられています。血液中を流れて全身を巡っているアディポネクチンは、血管が傷ついているところを見つけると、すばやく入り込んで修復します。さながら、体内の至るところで起きる「ぼや」を「大火」にしないよう、消して回っている消防隊にたとえることができるでしょう。
前のページへ 次のページへ このページのTOPへ戻る

メタボリックシンドローム、ってなに?メタボリックシンドロームにならないためにメタボリックシンドロームを改善するためにTOPへ戻る

© Kaken Pharmaceutical Co.,Ltd. All Rights Reserved.